2016年11月17日

綿入り半纏

今は安い値段で手に入りますが
見本があるなら作れるかも・・とボロボロになった
いままでの半纏のサイズを測り、作ろう!
前は作り方知っている方がいましたが、もういません。
ネット、ネット頼みだ。2,3載せてくれるひとがいました。
ありがたいね。でも「ここ、ここよ、もっと詳しく細かく・・」
まずは三分の一サイズを作り先人の知恵の解明。
綿は半纏用の綿を布団屋さんに取り寄せてもらい
表地は我が家の品、主人が染めたちりめん和更紗、裏地は羽裏で、
施行錯誤しながらなんとか、出来た!
この世でたった一枚の半纏。
風呂上がりに来ていると京都の底冷えから守ってくれます。IMG_2683[1].JPGIMG_2689[1].JPG




posted by ふりそで at 09:57| Comment(0) | 日記

2016年11月10日

湖上の虹

対岸の見えない大きな、海のような湖、琵琶湖。
京都のお隣の県、滋賀県の琵琶湖から京都市民は水をもらっています。
四季折々の景色を醸し出し、風情のあるのは昔からで
石山秋月・・石山寺
瀬田夕照・・瀬田の唐橋
粟津晴嵐・・栗津原
三井晩鐘・・三井寺
唐崎夜雨・・唐崎神社
堅田落雁・・浮御堂
比良暮雪・・比良山系
矢橋帰帆・・矢橋
このように「琵琶湖八景」をうたわれています。
昔の人の詩情豊かな感性はかなわないですね。
昨日の草津滞在では朝に綺麗な虹がでました。
静かに満々と水をたたえた湖面、対岸の山を背景にグルッと青空を覆った虹。
とても素晴らしい景色です。
この虹を九番目に加えましょうか(私だけ)IMG_2639[1].JPG

posted by ふりそで at 10:25| Comment(0) | 日記