2014年02月10日

シンプルで豪華な訪問着

伊勢の手彫り型紙で染めた総柄の訪問着です。
とはいえこの部分は前身のところの染め。
全体に染め上がったものをお見せしたいのですが
我が染工場は皆さんから白生地を預かり染め上げて
納品ですので染め上げ反物は無くこのような部分の染めしか
ありません。裾から上に、袖に切れることなく続くこの柄は
実にシンプルな「錐彫り」だけの、といっても何種類もの錐彫り小刀使いですが
シンプルで豪華な訪問着が出来上がります。
このような着物を着るとまさに「技」を纏ういうことになりますね。

DSC02547.JPG

DSC02549.JPG

posted by ふりそで at 09:32| Comment(2) | 日記
この記事へのコメント
「技」を身に纏う

なんて 贅沢
なんて 豪華
 
Posted by シンプル好み at 2014年02月10日 11:40
シンプル好み さん

こんにちわ

人が何年もかかって培ってきた技は
人生をみせてもらうみたいで、感慨ぶかいものですね。
長年やってこられたいろんな手仕事をみると
続いてほしいなぁと思わずにいられません。
Posted by ふりそで at 2014年02月13日 09:33
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: