2019年10月31日

嵐山

嵐山の竹の茂る小径をじっくり歩いてみたいと思い立ち
朝から出かけました。嵐電駅の前を通り川に呼ばれるように
渡月橋まで出ました。あら、ここじゃなくて天龍寺の横をいかなくては
いけなかったんだ。じゃ、逆ともいえる道で行きましょう。川に沿って
川上に歩いていくと、少し喉も乾いたので一服がてら
コーヒーでも・・と思っていたら、何やら行列の店が。
そしてコーヒーのいい匂いがします。「%」の店のゴロのコーヒーやさん。
カフェラテをいただきました。隣は立派な、近代的なビルの「福田美術館」
知らないから、あとで調べよう。どんどん行くと嵐山公園につきました。
桜の木が沢山あり、春はさぞ見事でしょうね。春の楽しみができましたね。
ぼちぼち竹が見えてきました。と同時に外国の方ばかりがどんどんきます。
やはりガイドブックに載っていて有名なんですね。楽しそうにカメラに
収めています。竹というのは日本らしい景色といえますね。
きょうは大変穏やかな日和で、皆さん楽しそうでした。
IMG_1483[1].JPG
posted by ふりそで at 17:40| Comment(0) | 日記

2019年06月19日

夏のお召し物

夏に生地の「駒絽」で染めさせていただきました。
涼しげな色、柄を選んでいただきました。
上の写真は裏から見た、途中の工程でのりが付いた状態で、下は出来上がりの写真です。
しっかり染料が浸みる引きぞめなので、裏まで染まっています。
着物生地を沢山扱っている中で、夏物がありますが
”夏物”ほど繊細かつ手の込んだものは無いのではないかと思います。
暑くないように、風通しの良いようにと、糸を撚って肌にペタッと当たらないように
サラサラと風が通り抜けるように・・・。紗織り、羅織り、熱を持たぬように
植物の繊維でおった麻地など、生地に穴の開いた、絽の生地、しかも、平絽、駒絽など。
夏に着る時期は袷時期に比べて短いのにこんなにあるなんて、やはり日本は
家屋のみならず「夏を旨として考えるべし・・・」
日本はだんだんと熱帯になってきた感があります。私も5月には単衣を着ました。
どこより蒸し暑い京都なら、なおさら・・かしら。
IMG_0509[1].JPG
IMG_0529[1].JPG
posted by ふりそで at 10:18| Comment(0) | 日記

2019年05月10日

宇治 平等院

10日間の長いお休みも済んで街が少し落ち着いた頃
春のトレーニングウオーキングと称して宇治にいくことにしました。
宇治には世界遺産の平等院があります。そういえば見たことが
ありません。天ヶ瀬ダムまで歩く予定なので行く道すがら寄ることにしました。
JR奈良線で25分、乗客は結構いますが、ほとんど伏見で降りました。
伏見は伏見稲荷があり凄い人気です。
人を引き付ける要素は伏見稲荷に軍配があがる・・ということかな。
駅を降りると人力車のお兄さんが一生懸命に宇治の説明、そして
乗らんかな・・・と誘いますがウオーキングにきたから乗るわけには
行きません。お断りしてどんどん商店街を行くと緑濃い木々が表れて
平等院の入り口にやってきました。
入場料を払って入ると、お〜左右一緒、平等の寺院が。
まえの池に映って美しいです。
池の周りを歩き進みながら、ずーっとみていられます。
真横に来ると博物館があり、見学し、ちょっとわかったような気になって
平等院を後にして、さて歩きましょう。

IMG_E0500[1].JPG
posted by ふりそで at 21:16| Comment(0) | 日記